マンションを売る額面を変更するといったを売りしやすくなる?

マンションは金額が大きくて、売るのも貰うのも多くの人にとっては暮らしで少ない遭遇です。
なかでも売るときは、価格も自分で決めて買い主が現れるまで受け身で待つので、貰う状況以上に気を使います。

 マンションを売りたい状況、周辺の転売経験などを基に自分で価格を決めますが、買い主から値引き交渉を受けることはあっても、売り出しより高い代金になることは絶対にありません。
 そのため、まさに売りたい代金から少々高めにしておくのは手法ですが、内覧のお願いやヒヤリングがなかったり少ない場合には、相場の相場をかけ離れているケー。
 不動産先とも相談して、ヒヤリングがない関連が代金におけるならば変容が必要です。

 しかし、契約には至らなくても内覧やヒヤリングがあるならば慌てずに具合を見ましょう。個別の値引き交渉に答えるのはいいですが、代金自体を変更するといった、待っていればずっと飛び降りるという望みから、様子見になる可能性もあります。

▲ページトップに戻る