マンション査定といったセドリでTAXは増えるの?

マンションを売却するとき、ではマンション査定を通してみましょう。マンション査定それでは、一斉査定サイトにて複数の不動産組合を比較するのが厳しく売るコツです。
マンションを売却すると税金がなるのではと心配する人がいますが、押しなべて、租税はかかりません。たとえば、3000万円で購入したマンションを5時期後に2000万円で売ったら、1000万円の引き渡し損失が発生している。このように引き渡し損失が発生している場合には、税金はかかりません。それどころか、一定の条件を満たせば収入租税から赤字当たりを引けるケースもあります。確申はきっちりしておきましょう。
仮に、3000万円で購入したマンションが5000万円で売れた場合には、2000万円の引き渡し収入が発生していますので、この部分に税金がかかります。ただし、家を売却した場合で一定の条件を満たしていれば3000万円の一時控除を受けられます。
結論として、一般的な家の転売では、押しなべて租税の無念はありません。マンション査定を通してみて、引き渡し収入が3000万円を飛び越しそうな場合にだけ注意しておけばよいでしょう。
却って、引き渡し損失が発生している場合のお金収入などとの損益集計のほうが重要になります。一定の条件を満たしている場合に引き渡し赤字を3通年にわたり繰越控除こなせる場合があるので、敢然と確申を通しておきましょう。

▲ページトップに戻る