マンション譲渡の査定の後の決断について

マンション取引の査定にあたって買手が見つかれば、決断をしなければなりません。こういう手続きは、普通は不動産店舗を通じて行います。マンション取引の査定を依頼した不動産店舗がその手続きの支度を通じてくれるでしょうから、実際にはそのために不都合をしなければならないわけではありません。マンション取引の決断に先達て扱い承認を結びます。こういう扱い契約の時には手付富を買手から受け取ることができます。手付富の金額に決まりはありませんが、これは料金の一部を先に払うものだという点に注意が必要です。買手としては、融資がおりるまでには現金がないこともあって安くしたいと考えることもありますが、破棄手付けのうま味を考えれば、ある程度の金は受け取っておきたいものです。このあたりも不動産店舗って相談することが必要となります。不動産会社によっては、売値に関して何%と決まっていることもあります。どちらにしても、先に受け取るだけで、その後の決断の時には、手付富として受け取った金を差し引いて考えることになります。それと一気に仲立手間賃などの、ほかの額を払うことが多いでから、実際にはそれらの費用も差し引かれるとしておきましょう。

▲ページトップに戻る