下場所売買の時価

下ロケーションの譲渡ですが、地主が借地顧客に売れれば円満に解決するのでしょうが、借地顧客が買い取れない形式、到底第三者に売ることになります。なので売るときのマーケットですが、下ロケーションのコース価における利益書き込みレートは30〜40百分率であることが多いです。ただしそのプライスで売り払えるかといえば、そうではなく、貰う人物はそこからさらに値を下げてくる。数を下げないといった貰う人物は利益になりませんから。

次いで地主として大事な土を大いに安く売ることになるから、こんな安い値段で売らなくていいように、借地特典を借地人から得るべきです。買い取れれば借地特典の課題は消え去り、普通の土として売れます。それはそれで今まで地代を取って来た食い分をいくらか手放すことになりますが、立ち退き費用として仕方なく払ってあげましょう。

下ロケーションは借地顧客に売らないと、普通の土に対してとっても安くなるので、下ロケーションのままで第三者に売るとすればマーケットチックにコース価の2,3割を覚悟することになります。ですから借地人から借地特典を買取り普通の土として売ることです。

▲ページトップに戻る