割賦出金中にマンションを売る手法

常識的には、未だに融資の借金出金中であるマンションは売ることができません。

というのも、未だに借金が残っている不動産には抵当権利が設定されているからで、こういう抵当権利は借金が皆済しなければ抹消されないからです。

このために、抵当権利有のマンションを貰うといった人間はやばいないからです。

では、そういう借金が残っているマンションは絶対に売れないのかといえばそうではなく、やっかいではあるのですが、売るための方式がなくはないのです。

一つには、マンションの売却単価で残債分を皆済適うって見込めれば、債権輩が抵当権利を抹消して売却によって得るに関してです。

但し、実際の売却予算が残債分を下回ってしまうこともあるので、これは確実な方式とは言えません。

そこで、置き換え融資というものを組んで、乗り換え購入する住宅の作りたて融資にその残債分を上乗せして仕舞う、という方法で売却することが適う、に関してがあるのです。

▲ページトップに戻る