提示した対価でマンション売却出来ない場合は割り引きしたほうが良いのか

マンションを購入するときは、金額も決まっているし、諸額面なども取り引き中間で丁寧に教えてくれる。
一方で売却するときは、値段も自分で決めなければならず、その金額で買い手が現れるまでは受け身で待つので、取得よりも譲渡のほうが流れも、気持ちの上でも面倒が多くなります。

 マンションの譲渡の金額を決めるにあたっては、周辺の売り買い体験などを参考にして販売単価を決めます。
 買い手から値引き交渉を受けることはあっても、販売単価より高い金額で売り払えることは絶対にありません。売ったお金で別の利潤を貰う考えがあるなど、お金が必要な折が決まっている場合は粗方を望めませんが、そうでない場合は内覧希望の総量などを介入の不動産企業に聞きながら様相を見ましょう。
 不動産は、おんなじものは二つとない結果、総額の付け方も難しいですが、でもマンションは一戸建てと比べると、おんなじ民家心やおんなじ間取りの売り買い事例がある場合があって、参考にするには申し分のない確認です。
 
 販売単価をはじめから低めにしたら、その総額以上で売り払える不安がない結果、低めに講じる必要はありません。
 一方で、内覧願望や設問が全くない例、身の回り賭けってかけ離れている可能性もあるので、その場合は割引きを検討するのも代替えです。
 しかし、内覧願望や設問がないわけではない例、個別の値引き交渉に答えるかどうかはその都度判断することにして、割引きは慎重にください。
 待っていればまた総額が下がるという思われてしまうと、かえって売り買いの完成が遅くなる可能性もあります。

▲ページトップに戻る